「上郷バンドー四季の歌」作家がメンテナンス!

photo by Kioku Keizo

2018年の作品公開以降、中毒性のある歌や動きでお客様に愛されている「上郷バンドー四季の歌」。作家はフランスのニコラ・ダロです。この度、越後妻有里山現代美術館 MonET(十日町)で新作を制作するため、特別に来日しています。

そして本日、十日町での滞在制作の忙しい合間を縫って上郷クローブ座に来てくれたダロが作品のメンテナンスを行いました。

緻密な動きを生み出す仕掛けはとても繊細です。作家と現地スタッフが協力し、慎重に作業を行いました。

元気になった雪男たちにぜひ会いに来てください!ご来場お待ちしております。

作業中の様子。

メンテナンス終了後。笑顔の作家二コラ・ダロ。

photo by Kioku Keizo

越後妻有里山現代美術館 MonET(十日町)で公開中の新作「エアリアル」もぜひご覧ください。

 

投稿者clove-theatre